こんな風俗のコラムがあったらいいなと思い、体験談を集めてみました。

交際クラブの女性会員在籍継続率はどのくらい?:風俗の思い出コンクール

交際クラブの女性会員在籍継続率はどのくらい?

9 PV
交際クラブの女性会員在籍継続率はどのくらい?
以前、私は交際クラブに勤めていました。ですので、業界の知識は十分に持っています。交際クラブの業界で良く謳い文句にすることが『女性の在籍数』です。見る人からすれば多いと魅力的に映りますし、少なければ店舗選択への影響にもなるでしょう。「会員登録数1万人突破」などという言葉を目にしますが、それは店舗が続いていれば永遠に増え続けていくものですので当たり前の結果です。では、実際の在籍数はどうなのかが気になりますよね!そこが本来の交際クラブ選びで参考にしなければならないところなのです。当時、私は業務で宣伝集客用に女性の簡易紹介サイトを作成していたことがありました。最近そのサイトを見て思ったのが、未だに当時私が作成に携わっていた時期のページが残っているのです。つまり、当時ページを作成した時期を私自身が把握しているわけです。その状態で、ナンバリングされて女性の情報も増えていました。途中で退会した女性のページはどうやら削除さえれている様子です。私の記憶が確かならば、毎週2~3人程度の女性会員をピックアップしてページを作成してました。つまり、実際にはナンバリングの5倍程度の新規登録があったということなのです。最新の番号を見ると500番ですので、0番から逆算すると、2500人が入会したことになります。当然、私は1番のページを作成した時期が分かっているので、年に何人の入会があるのか分かります。単純計算ですが、年間300~400人と言っておきましょう。1日に1人か2人がコンスタントに入会すると考えると、今も頑張っているんだなと感慨深いです。さて本題です。500人分のサンプル掲載ページがあるなかで、削除されているページがありますので、どの程度の割合の女性が在籍し続けているのか判断がつきます。そこで調べてみることにしてみると、ナンバリングされて残っているページ数は8割となりました。実際に稼働できる女性会員の数は在籍数に対しての1割程度と考えると、直近数年間で実際に紹介ができる女性は『200人』と計算できます。これが多いと感じるか少ないと感じるかは難しいところですが、結局のところ新規に入会する女性自体が増えなければなかなか運営は簡単ではないというのが現実です。とはいえ、退会せずに登録だけされ続けている未稼働な女性が数千人分くらいは存在しているのだろうなと考えると、交際クラブはタイムリーに利用しないと本来の楽しみ方が堪能できないものといえるでしょう。単純に継続率がどのくらいなのかは判断ができませんが、交際クラブ側から退会を誘導することはありません。会員継続確認をしないわけです。ですので、基本的に在籍し続けている状況で男性会員からの指名があって久しぶりに連絡すると「退会します」との意思確認ができるものになります。要するに、時間が経過してしまっているとほぼ退会なわけです。新規に入会した後の3か月程度の間でしか連絡はとれないものと考えた方が良いのです。週に7人の女性が入会する交際クラブ店舗の場合は、実稼働可能女性会員は150人と分かるわけです。会員によって成り立つサービスとしては不安定で少ないものなのではないかと思います。
東京の交際クラブ・デートクラブ情報|プレミアム交際クラブガイド
2019.02.21 交際クラブ / その他