こんな風俗のコラムがあったらいいなと思い、体験談を集めてみました。

子供の夜泣きについて:風俗の思い出コンクール

子供の夜泣きについて

4 PV
子供の夜泣きについて

子どもを持つ親は、ほぼ子どもの夜泣きを経験しています。泣かない子は逆にどこか悪いのかと思ってしまいます。赤ちゃんはどうして泣くのでしょう。理由がある場合もありますが、何の理由もない夜泣きもあります。生まれたばかりの赤ちゃんは、昼夜の区別がなく、泣く、寝るを繰り返します。夜でも昼でも関係ないのです。もう少し大きくなると、体内時計が動き出し、睡眠にリズムができてきます。少しずつ長く眠れるようになってきます。夜泣きの対策は、抱っこしたり、歌を歌ってあげたり、体をトントンしてあげるのも効果的です。いろいろ試してみてください。赤ちゃんがスムーズに眠りに付くにはストレス要因を除いてあげることです。オムツが濡れていないか、おなかが空いていないか、リラックスできる環境を作ってあげましょう。ママもがんばりすぎずに、パパの手を借りたり、息抜きをしたり、いろいろ工夫してみてください。

子どもの夜泣きは子どもが大きくなるにつれて減っていきます。ですが1~2歳でも夜泣きをする子もいます。赤ちゃんのときの夜泣きと比べると激しく、いつもよく眠っていたのに、突然夜泣きが始まった、というお子さんもいるようです。なぜ急に夜泣きが!?考えられるのは、「寝不足」です。保育園や託児所では、お昼寝の時間を設けています。子どもによって眠る時間は別々であれば、眠いときに寝させてあげるのが良いでしょう。逆に、環境が変わり、眠れない子どももいるかもしれません。寝かしつけるのは至難の業でもそこは焦らず、子どもは環境に順応性があるもので、何回かで眠れるようになります。お昼寝の時間が足りないと、家に帰ってからグズる可能性が高いので、なるべくお昼寝をさせてあげる方が、ママのためにも良いです。

夜泣きがひどくて眠れなかった。なんていうママもたくさんいると思います。寝不足はお仕事のパフォーマンスにも差し支えますし、ストレスにもなってしまいます。泣き止ませる方法はいろいろあり、その子どもに合った方法で乗り越えていきましょう。託児所の保育士さんたちはプロですので、寝かしつけるためにどうしたら良いのか伝授してもらっても良いですね。時間に不規則な風俗のお仕事でも、託児所に預けることにより一日のお子さんの生活リズムを安定させることができます。リズムが安定されれば次第に夜泣きも減ってきます。夜泣きはいずれも必ず終わるものですので、根気良く子供に付き合ってあげられると良いですね。

託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】