こんな風俗のコラムがあったらいいなと思い、体験談を集めてみました。

つくばでデリヘルとか流行るの?:風俗の思い出コンクール

つくばでデリヘルとか流行るの?

4 PV
つくばでデリヘルとか流行るの?
日本全国どこにでも風俗という波は襲ってくkるものです。特に近年ではデリヘルというものがどこでも営業できますので、どこの田舎街でも存在していると考えてしまって良いでしょう。本来、デリヘルは都心部を中心に営業をしているというイメージが強いだろうと考えられます。それは間違っていません。しかし、都心部の場合、同じことを考えて営業しているデリヘル店が非常に多く存在している為、予想以上に利用者の取り合いが生まれている状況があります。ですので、デリヘル店の運営者は如何にも受けられるかを考えているのです。そうなると、店舗運営上で効率よく収益を上げられる場として、地方の過疎地などで営業展開するデリヘル店がそれなりに多いのです。地方などではまず風俗店は存在していないため、想像以上に利用者の需要があったりするものなのです。それもそのはず、まともに風俗店を利用しようとするなら、電車や車で1時間以上かけて大きめの街に行く必要があったりするからなのです。後は、ワザワザ都心部まで足を運ぶことに手間がかかってしまう場合でしょう。つくば市などの場合、2500円もあれば東京の都心部までの往復の移動が可能です。電車でのアクセスもそれほど悪くはありません。しかし、つくばのような中途半端な距離感があると実際に足を運ぶことは億劫になるのです。これは、デリヘル店に限ったことではありません。例えば、洋服が欲しい場合、隣街のお店に行くか都心まで出るか迷いますよね。この場合、よっぽどのお目当ての者や限定品などでないか限りは都心まで出ることはありません。つまり、たかが数千円の距離ではあるものの、それを手に入れるまでに時間を費やしても、そこまでこだわってもあまり得をしないということに気づくのです。そんな消費者心理に近いだろうとは思います。つくばの場合は特に中途半端な感が否めません。欲しいものがあれば地元を利用する意味はないわけですからね。しかし、デリヘルであればつくば市内でも十分でしょう。デリヘルの場合、地方の都市にはある種の利点も存在しています。それは利用場所です。車社会の色合いが強くなることが考えられますので、車移動の足は必須でしょう。そんな車社会では、高速道路のインター付近はどこでもラブホテルだらけです。たくさんのラブホテルがあることが、デリヘル店が繁盛できる条件の一つでもあるのです。「つくば市も例外ではありません」と言いたいところですが、正直、ラブホテル街という元が存在はしていません。転々と存在している状況ですので、部屋がいっぱいなんてこともあるかもしれません。どちらかというと土浦あたりまで出てしまうとラブホテルは活用しやすいかもしれません。そんなこんなで、どう楽しむかの具合によっては地元でも良いでしょうし、都心まで出るもの悪くないでしょう。あえて、こんな田舎で利用出来たらという感じで遊ぶ方が良いのかもしれませんね。
茨城/デリヘル『つくば風俗エキスプレス ヌキ坂46』
2019.07.11 デリヘル / その他