こんな風俗のコラムがあったらいいなと思い、体験談を集めてみました。

横浜のニューハーフヘルスを利用してガッカリした話:風俗の思い出コンクール

横浜のニューハーフヘルスを利用してガッカリした話

10 PV
横浜のニューハーフヘルスを利用してガッカリした話
先日、横浜のニューハーフヘルスを利用しました。こういった類のお店を利用することは初めてであったため、何の知識もない状態で行ったのが全ての失敗の始まりでした。まず、私が想像していたものは、ニューハーフということなので『オカマ』のような中途半端な存在ではないキャストがいるだろうと想像していました。しかし、蓋を開けてみると嫌な想像は的中してしまい、ものの見事に目の前にいるのはオカマのお兄さんです。なんだかなと気持ちも萎えてしま、まったく楽しめなかったのは言うまでもありません。横浜のこのお店だけがこの状況ではなく、基本的に風俗でのニューハーフジャンルというものはこういったこれからニューハーフを目指す人の巣窟のようです。というよりも、そもそも私自身の認識が甘かったです。まず、ニューハーフというものは、一昔前のオカマというような現実的に中途半端な存在となるような表現ではなく、もう一歩踏みこんでいる「女性に近づく」存在でした。要するに、心と身体の問題を抱えた方が容姿を女性に近づけただけでも、それはニューハーフなのです。つまり、一般的には見た目は女性でありながら、男性でもあるというものです。その流れで、胸や他の箇所まで手術をしている人もいるわけです。ですから、ニューハーフヘルスというだけであれば、当然男性が出てきて当たり前なのです。ここの知識がない状態で利用するのは心構えができているかいないかで非常に意味が変わってくるものでしょう。ちなみに、男性器に手を加えて、一部が無い人もいます。そんな、女性への性転換手術の途中である人が多そうです。ですから、完全に女性の身体となっている人の方が少ないでしょう。逆に、女性の身体になっているのであれば、それはもう男性ではなく女性です。もちろん、戸籍上も女性に変えているのであればもちろんです。何も知らない世間の一般的な男性は、そんな元男性達が集まっている場がニューハーフヘルスだと思いがちかもしれませんので、その点は気を付けないといけませんね。現実的には女性となってしまっているとニューハーフヘルスで働く立場にはないかもしれません。ニューハーフヘルスは男性が男性に対してサービスを提供している体なので、風俗業とは少し意味合いが違います。しかし、そこに女性という立場が加わるとしっかりとした風俗業ですので、形態が変わってしまいます。そんなやや難しい状況となりますが、好きな人は利用してみると良いかもししれません。しかし、男性が本来望んでいるものがニューハーフヘルスで叶うかは甚だ疑問ではあります。
横浜のニューハーフヘルス 老舗の風俗店『愛秘』
2019.07.19 ヘルス / 横浜